脳を鍛えるために

「書く」ことで能力が高まる

子供の能力を伸ばすためには、どの様なことを行なえば良いのでしょうか。幼児の頃は、「イメージや創造力」を司る「右脳」の働きが優位である、と言われています。日常的に「右脳」への働きかけを行なうと共に、「左脳」への取り組みを行なうことで、素晴らしい能力をもつ子供へと成長させることが出来ます。 この「両方の脳」への働きかけとして効果的なことは、「書く」力を育むことです。「もじ」を読んだり書いたりすることで、子供達の思考を高めることができるのです。「書く」ことで考えがまとまり、論理的に物事を捉えられるようになります。また、緻密な表現力を身につけることが出来ます。「書く」ことをおろそかにすると、思考は発展していきません。「書く」ことに力を入れることで、子供の能力が伸びていくのです。

今日の「幼児教室」での取り組み

「書く」ことの重要性が認められるようになり、「幼児教室」では、様々なプリント学習を行なうようになっています。3歳前後から「書く」力を育てる必要があるとされており、この時期から本格的にレッスンへ取り入れられています。 「幼児教室」などで使われているプリントは、点数がつけられていません。点数だけで評価をするのではありません。取り組んだことを評価し、間違ったところは正しく書き直させるようにします。 このような方法であれば、子供達は学習を嫌いになることはありません。今日の「幼児教室」では、子供達を点数で評価することはありません。全ての子供は素晴らしい能力を持っており、それを引き出すことを目標としているからです。プリント学習は、決して知的側面だけを伸ばすためのものではありません。発想力や思考力を伸ばし、あらゆる方面での能力が育つように、「幼児教室」ではプリント学習を取り入れているのです。